ローンについて学ぼう

自社ローンの審査について

自社ローンの審査について 何らかの事情で金融機関を利用できないことがあります。
金融機関は利用者の過去を調べて融資するか審査します。
過去に自己破産や任意整理を経験したていると金融機関を利用するのは難しくなります。
そんな時でもお金を借りる方法があります。
自社ローンと呼ばれるサービスで、自動車の販売店などが提供しているローンサービスです。
販売店からお金を借りる形でローンが組めます。
金融機関でローンが組めない時でも、このサービスならローンを組んで自動車を購入できます。
自社ローンの審査は利用者の過去の情報は関係無く、現在から将来の収入を基準に判断してくれます。
つまり、過去に自己破産や任意整理などを経験したことがある人でもローンを組めるということです。
自社ローンは審査がスムーズで収入さえ満たしていれば通りやすいのが特徴です。
ローンの支払いは分割払いなので返済の負担が軽くなります。
また、提供している店舗によりますが、ローンの金利が0%で手数料が掛からないこともあります。
金融機関よりもお得にローンが組めるのは大きな魅力だと言えます。

自社ローンの金利0%はお得なの?

銀行などのカーローンの審査に落ちてしまうような人でも利用できるのが自社ローンであり、金利0%がメリットとされることがあります。
ただし、これはどのような理由でその金利になっているのか知っておかなければ損してしまうこともあるので注意が必要です。
そもそも自社ローンがどういうものかというと、金融機関ではなく中古車販売店などが購入費を立て替え、それを分割して返済するローンです。
このとき、金利は金融機関でなければ適用が認められていないので資格のない販売店が金利を取ると違法となります。
つまり、金利0%は適用できないためにそうなっているものであり、金利の発生するカーローンと比べて得になるということではありません。
販売店は自社ローンで立て替えたお金が回収できなくなるリスクに備えて、車の販売代金に手数料を上乗せします。
この手数料は金利換算ではカーローンの金利よりも高くなります。
そのため、カーローンを組めるのであればこちらの方が得であり、審査に落ちてしまう場合は自社ローンを使うのが適した利用方法です。