ローンについて学ぼう

自社ローンの金利について

自社ローンの金利について 自社ローンは購入者が販売店から直接、お金を借りることです。
例えば、自動車ローンだと、自動車販売店から借りることになるので、自動車販売店独自の審査基準があります。
金融機関と比べると審査基準が低く、勤務先、勤続年数、年収、過去の借入などが審査項目となり、ある程度の年収があれば、アルバイトでも問題ありません。
審査期間が短く、手続きか容易なのため、金融機関と比べるとローンを組みやすいのがメリットです。
しかし、金融機関と比べると自社ローンの方が金利は高めに設定されています。
経済状況によって金利が変動するので、時期にもよりますが、自社ローンの金利は金融機関と比べると2倍程度と考えた方が良いでしょう。
ある程度の現金があり、多めに頭金を用意することができれば、支払回数を減らせるので、利払い負担が軽減させることができますが、購入金額のほとんどをローンにするのであれば、自社ローンより金融機関の方がお得といえます。

自社ローンの審査基準

自社ローンとは、中古車販売店が独自に用意しているローンのことなので、審査基準は会社によってさまざまです。
しかし、中古車販売店は個人信用情報機関には加盟していないので、信用情報は審査に影響しません。
すなわち、過去のクレジットカードやローンの利用実績は影響しないということです。
ブラックリストにのっている人はディーラーローンの審査に通らない傾向がありますが、自社ローンなら、返済能力に問題がなければ審査に通る可能性が高いです。
自社ローンの審査基準として重要になると思われるのは、年収、勤務形態、勤続年数、年齢、家族構成などです。
ブラックリストにのっている人の中には、安定した収入を得ている人もたくさんいますので、そういった人なら自社ローンを借りられる可能性は高いです。
信用情報に傷がついているが、返済能力には問題がないという人向けのローンであると言えるでしょう。
安定して収入が得られていれば、アルバイトや派遣でも審査に通る可能性があります。