ローンについて学ぼう

債務整理後のローンと自社ローン

債務整理後のローンと自社ローン 自動車などの高価な買い物を行うときは、一括で支払うことが難しいこともあり、ローンを組んで無理のない範囲で支払う人が多くなっています。
そしてローンを組む場合は審査があり、現在の借入れ状況や過去の金融トラブルなども確認あれますので、債務整理の情報などが信用情報に残っている場合はまずローンを組むのは厳しいと言えます。
中古車ならより安く購入できますが、それでも最低何十万円は必要ですので、一括で支払うことは簡単ではありません。
過去に債務整理を行っている場合はその情報が信用情報が消えるまでローンを組むのは難しいというイメージもありますが、自社ローンなら利用できる場合があります。
自社ローンは信販会社を通さずに顧客の信用情報を販売店で判断して中古車を分割払いできるサービスです。
過去に金融トラブルがある場合も、現在の借入れ状況に問題がない、収入が安定しているという場合は利用できる可能性がありますので、こうしたローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

自動車ローンの種類について「自社ローン」とは

「自社ローン」とは、信販会社を介さずに自動車販売店から車を分割する方法の事です。
自動車ローンの種類は様々ですが、その多くは過去に返済遅延や自己破産などの経験があり、信用情報に傷がついている方は審査を通過することはできません。
「自動車がどうしても必要、でもローンを組むことができない…」そのような方のために存在するのが「自社ローン」なのです。
その最大の特徴は、前述の通り信用情報に傷をつけてしまった所謂「ブラック債務者」でもローンを組むことができる可能性が非常に高いことです。
独自の審査基準を設けており、信用情報を傷つけてしまった方でも関係なく利用することが可能なのです。
また、金利がないことも大きな特徴と言えます。
そもそも金利とは、金銭消費貸借契約の際に発生するものですので、販売店が独自に行っている自社ローンの場合、それに該当しないのです。
多くの種類が存在する自動車ローンですが、ブラックでも契約可能かつ金利0%であるのは自社ローンだけなのです。
また、販売店自身が扱っているローンですので、手間も時間もかからないことも嬉しいシステムであると言えるでしょう。