ローンについて学ぼう

自社ローンは審査に通りやすい?

自社ローンは審査に通りやすい? 自社ローンというのは、あまり一般的に知られていない言葉ですが、中古車販売店が独自に行っているローンになります。
一般的に知られている車のローンには、クレジット会社などが行っているオートローンと呼ばれるものや、銀行や信用金庫などが扱っているマイカーローンなどがあります。
クレジット会社や銀行のローンには当然のように審査がありますし、内容的にも過去に金融事故があるような人の場合には審査に通る事は難しくなっています。
一方で、自社ローンの場合には基本的に中古車販売店が、車代を立て替えてくれるようなスタイルになっているので、基本的に審査は通る仕組みになっています。
但し、全ての中古販売店でおこなえるような仕組みではありませんので、比較的大手で資金力にゆとりのある中古車販売店が扱っている場合が多いといえます。
自社ローンは、原則的に利用がしやすい状態にはなっていますが多くの場合は保証人を立てる必要がある事が唯一デメリットと言える部分になります。

自社ローンを取り扱う会社が少ない理由

自社ローンを扱っているお店は少なく、住んでいる地域により利用したくてもできない場合があります。
そこで知りたいのが、なぜ自社ローンを扱うお店が少ないのかです。
取り扱うお店が少ないのは、いくつかの理由があります。
まず、信販系や銀行などを通さずにローンをするということは、催促もトラブルの対応も全てそのお店がしなければいけません。
金貸しをメインとして行っているわけではないため、対応できないお店がほとんどです。
支払いされずに回収も困難になると、大きな損失となります。
購入してもらいやすくなるメリットよりも、損失を出すデメリットが大きいため、扱いたくないと考えるお店が多いです。
また、自社ローンを扱うと、販売してもすぐにお金にならないというデメリットがあります。
一般的なローンを利用して販売すると、ローンをした会社から一括で支払いされますが、自社にすると一括では支払いされません。
資金面に余裕があれば問題ないことですが、余裕が無いお店にとって苦しい支払い方法となります。
これら自社ローンが持っているデメリットがお店にとって大きすぎるため、取り扱うお店が少ないです。