ローンについて学ぼう

自社ローンの仕組みはどうなっているのか

自社ローンの仕組みはどうなっているのか 車をローンで購入しようとして審査を行っても、審査に通らないことがあります。
その人の収入や債務の情勢によって審査が通過しないけれど車が欲しい、けれど現金一括払いでは無理だ、という場合に使えるのが自社ローンです。
自社ローンの仕組みは通常のローンを組むときのようにローン会社の審査を受けて審査に通ればローン会社から融資を受けるという形ではなく、自動車を販売する会社が直接車を購入しようとしている人に融資を行って、車を購入するという仕組みになっています。
そのため、通常のローンでは返済先がローン会社ですが、自社ローンの場合には自動車販売会社にお金を返済していくことになります。
また、自社ローンは販売店が独自に行っているもののため金利が0なのも嬉しいポイントです。
しかし、車1台分の費用の貸し付けとなると高額になってしまうため、どこの自動車販売店でも行うことができるものではありません。
資金力のある自動車販売会社でしか行っていないものです。

自社ローンの支払い方法とは

自社ローンは、販売店自らが提供しているもので、商品を分割払いで購入することができるシステムです。
現在の主流となっているのは銀行や貸金業者などが提供しているローン商品を利用するか、信販会社のクレジットカードによる分割払いを利用するといった方法がありますが、いずれも審査基準が厳しくまた手続きも煩雑といったデメリットがありますが、自社ローンでは販売店自らが提供しているので煩わしい手続きが不要で購入することができます。
特に自社ローンが多いのが中古車業界になります。
支払い方法は普通のローンと同様に銀行の引き落としを利用することが可能ですが、振込での支払いも可能です。
また販売店に直接、現金を持っていくといったことも可能です。
一方で支払いが遅れた場合のペナルティとしては、ディーラーローンなどと同様に車両の引き上げなどが行なわれるケースがあります。
また契約書にもとづいて遅延損害金を請求される場合もあります。